MENU

CLOSE

メソセラピーは痛くない?頭皮への直接注射が求められる理由とは

メソセラピーは痛くない?頭皮への直接注射が求められる理由とは

189views

カテゴリ:未分類

メソセラピーの特徴について理解しよう

img_dummy

メソセラピーには美容技術が取り入れられている

薄毛、AGA治療の際に最初からメソセラピーを検討する人は少数派かもしれません。しかしAGA,薄毛治療でより高い効果を求める場合は、検討すべき治療法の一つだといえるでしょう。基礎治療よりも費用は高くなりますが、内服薬とは異なりピンポイントで頭皮にアプローチできるからです。

しかしながらこの意図する皮膚に対して直接的にアプローチする、という治療法は元々育毛分野の医療技術ではありません。このアプローチ手法は、美容業界でヒアルロン酸を直接的に肌に注入する際に使われてきた治療方法を発展させたものなのです。

ダイレクトに頭皮へのアプローチができる

前述したように、メソセラピーの最大のメリットは目的とする箇所にダイレクトに有効成分を注入できるところです。例えばフィナステリドは基本的に内服薬として服用する薬です。抜け毛を防ぐことを目的として、基礎治療で頻繁に用いられます。

そしてミノキシジルは外用薬として処方されることが多いので、一般的には頭皮の表面にしか有効成分を届けることができません。しかしメソセラピーであればこれらのAGA,薄毛治療にとって要となる成分を、ダイレクトに頭皮の細胞まで届けられるのです。

メソセラピーは痛くないというのは本当か

img_dummy

ノーニードル法なら針を頭皮に刺さなくていい

メソセラピーがAGAの治療として、効果が期待できる治療方法だと知ったとしても、実際に頭に注射することに対して、恐怖を抱く人が多いのではないでしょうか。しかし実はメソセラピーは、痛みに対しての不安はほとんど必要ありません。

その理由は、針を使わずに頭皮に有効成分を注入する方法があるからです。その手段の一つが「ノーニードル法」です。ノーニードル法はその名称の通り、針を使わずに頭皮に有効成分を注入します。しかも内服薬と併用することで、より変化を実感できる可能性が高くなるのです。

痛みが不安な時は麻酔の量を相談しよう

またノーニードル法をせずに、普通に注射する場合でも、麻酔を使って痛みを緩和してから施術する方法もあります。この場合の注意点は、体質によっては麻酔が効きにくい場合があることです。もし痛みに敏感な場合や他の手術経験などで麻酔が効きにくい体質だと分かっている場合は、その旨を事前に医師に相談しましょう。そうすることで、医師が適切な麻酔の量に調整してもらえる可能性があります。

このようにメソセラピーは注入する方法を選ぶことで、痛みを回避することができます。実際に治療を受ける場合は、どういった注入方法にするのか、ということも含めて慎重に判断しましょう。

メソセラピーと副作用の関係について

メソセラピーはAGA,薄毛治療の中では、比較的リスクが少なく取り組める治療法の一つだといえます。しかしながら副作用が全くないわけではありません。ではこのメソセラピーの副作用に関してはどのようなものがあるのでしょうか。注意すべきポイントは以下の3つです。

  • 注射針を刺すことによる多少の出血
  • フィナステリドによって鬱等を引き起こす可能性
  • ミノキシジルによる身体のしびれ、頭痛等

これらのことから分かるように、メソセラピーという施術方法自体には、リスクはほとんどありません。しかしフィナステリドとミノキシジルの副作用については無視することができないのです。特にフィナステリドは鬱症状を引き起こす可能性が高くなるだけでなく、男性機能の低下を引き起こすリスクがあります。

その為、妊活中の場合や、将来的に子供が欲しいと考えている場合は、使用については慎重な判断が必要になるといえるでしょう。しかしながら副作用のリスクばかりにフォーカスすると、効果的な治療はできなくなってしまいかねません。その為、AGA,薄毛の治療をする際は、AGAクリニックで医師と相談しながら進めていくことが大切なのです。