MENU

CLOSE

間違った方法はダメ!薬を購入するときのルールを理解しよう

間違った方法はダメ!薬を購入するときのルールを理解しよう

212views

カテゴリ:未分類

正しい方法で薬を入手しよう

img_dummy

価格と安全面の違い

AGA治療に必要な薬は、クリニックに行って購入する方法と、個人で輸入をして購入する方法と二つの方法があります。これらのうち、安全性が高い方法が前者で、多少のリスクを覚悟で安い費用で購入することができるのが後者の方法です。クリニックで購入することができるAGA治療薬はプロペシアという専門薬で、個人輸入を利用して購入する方法はこのプロペシアのジェネリック医薬品になります。

ジェネリック医薬品は先発医薬品の成分を研究して開発された製品なので、薬の効果に関しては疑いようがないほど効果的です。副作用に関しても先発医薬品と同程度のものがありますが、正規品ならば予測できない副作用はありません。費用面を考慮するとジェネリック医薬品を購入するメリットは多くありますが、間違った方法で購入してそれを扱うと罪に問われてしまう可能性もあるのでその点を理解してから利用するようにしましょう。

薬の購入は合法

海外からの薬の購入に関しては、購入すること自体が罪になってしまうと誤解をしている人が大勢います。確かに、日本の薬に関する規定をまとめた薬事法という法律では、海外から薬を仕入れてそれを独断で日本国内で販売することを全面的に禁止していますので、仮にそうした目的で購入してしまうと購入した人は罪に問われてしまいます。

一方で、個人輸入を利用して全くの個人的な目的のために薬を利用することはAGA治療の専門薬であっても禁止されていません。これは、薄毛の治療に関する育毛剤や発毛剤だけではなく、ほとんどすべての薬に共通していることなので覚えておきましょう。

薬事法が禁止しているのは、海外の薬を利用して利益を目的とした活動をすることです。日本国内に自身の症状を治療するための薬が存在せず、海外の薬を服用しないとどうにもならないときにはAGA治療薬に限らずジェネリック医薬品は購入できます。薬の違法行為に関しては、まとめると下記のようになります。

  • 販売目的で仕入れる
  • 薬を転売する
  • 薬を譲る
  • 密輸入で購入する
  • 国内で禁止されている危険薬物を購入する

特に、誤解が生じやすいのが薬を譲る行為です。他人に対して販売するだけではなく単純に譲る場合であっても他人の利益を得させる目的で仕入れたと考えられてしまいますので、薬事法的にはアウトになってしまいます。ですから、クリニックで薬を購入する時間がない人は上記に気を付けて全くの個人目的で購入することが大切です。

手続きが面倒な人への対策

img_dummy

個人で海外の薄毛の治療薬を購入することは非常に面倒で時間がかかります。まず、海外とのやり取りをするときには現地での言葉でコミュニケーションをとらなくてはいけません。現金を支払うときも現地の物である必要がありますし、何よりも日本国内に届けてもらうための住所も向こうの言語で書かなくてはいけません。税関の関係もありますので、密輸入していないかどうかを調べるためのチェックもかなり厳格です。

面倒なことをしたくないという人は、こうしたサービスをすべて行ってくれる個人輸入の代行を利用することが大切です。日本には、輸入作業を行うことが面倒な人のために、海外から医薬品などの製品をかわりに購入してくれる代行サービスが存在します。こうした業者は、海外から薬を仕入れて販売しているわけではなく、あくまでも現地調達で商品を発送していますので日本の法律に引っかかることもありません。

特に、日本国内では購入しづらいAGA治療薬を扱っている業者は多いので、まずは信用性の高い業者を探すことが重要でしょう。ジェネリック医薬品の購入に関してはクリニックの診断と異なって保険証なども必要になりませんので、その点は安心して購入することが可能です。