MENU

CLOSE

ハゲ方のタイプ別、AGA病院での発毛治療とその効果

ハゲ方のタイプ別、AGA病院での発毛治療とその効果

352views

カテゴリ:未分類

AGAの病院、クリニックではどのような治療が実施されるのか

img_dummy

薄毛やAGAの状態になれば、AGAクリニックへの相談を検討する人は少なくありません。多くの人は、AGA、薄毛になれば最初は自分で育毛剤などを活用することを試みますが、その効果を実感できているケースは極めて少ないといえるでしょう。何故なら原因にぴったりと合った育毛剤を選択することが難しいからです。では実際にAGAクリニックに通院した場合、どのような治療が受けられるのでしょうか。それは次の通りです。

  • 医薬品としての育毛剤の処方
  • 錠剤の処方
  • 定期的な検査の実施

この3つがスタンダードな治療となります。勿論クリニックはそれぞれ特徴があるので、これ以外のオプション治療が数多くあります。そして病院で提供される育毛剤は市販されているものとは異なります。医薬品としての育毛剤が処方されるので、市販のものより強い効果が期待できます。

そこには副作用が伴いますが、医師の指導の元であれば安心して活用できるといえるでしょう。処方される錠剤に含まれる主な成分は、「ミノキシジル」「フィナステリド」が多くなります。また頭皮の状態によっては、抗炎症剤、ビタミン剤等が処方されます。

タイプ別!クリニックで処方される治療とその効果について

img_dummy

頭皮の健康状態が悪化したことでAGAとなった場合

ではここからは、頭皮の状態に対してAGAクリニックではどのような治療が提供されているのかを紹介します。AGAが発症する原因は様々ですが、頭皮の健康状態が悪化したことで薄毛AGAとなった場合はビタミン剤やフィナステリドを活用した治療が提供される可能性が高くなります。基本的な治療となるので、費用もそこまで大きくなることはありません。

しかしながら治療期間を長期に渡ることを想定しておくことが大切です。何故ならどれだけビタミン剤などで栄養を補給して、ヘッドマッサージなどでケアしたとしても、頭皮の健康状態の回復は1ヶ月や2ヶ月で達成されるものではないからです。

AGAクリニックでの治療は半年〜1年程度かけて効果が実感できるケースもあります。その為頭皮の健康状態の悪化が原因でAGAとなっている場合は、短期的に結果を求めずに長期的に治療することを想定しておきましょう。

男性ホルモン「テストステロン」の影響によってAGAとなった場合

日本人がAGA、薄毛になる原因はそのほとんどが男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒトロテストステロン」に過剰に変化することで発生します。では検査の結果この「ジヒトロテストステロン」によりAGAとなっていることが判明した場合、AGAクリニックではどのような治療が提供されているのでしょうか。

それは「ミノキシジル」が配合された育毛剤、錠剤の活用です。「ミノキシジル」は「テストステロン」が「ジヒトロテストステロン」に変化する際に必要となる物質を阻害する効果が期待できます。その為、「ミノキシジル」が治療に用いられる可能性が高くなるのです。

遺伝的な要因でAGA、薄毛となった場合

遺伝的な要因でAGA、薄毛となるケースは稀ですが、遺伝が原因の場合は自毛植毛に取り組めば、治療効果が高いといえるでしょう。しかしながら自毛植毛は全てのAGAクリニックが提供しているわけではありません。その為、自毛植毛を検討する場合は、病院、クリニック選びは慎重に取り組みましょう。

また自毛植毛は、植毛する本数が多ければ、費用が500,000円~1,000,000円以上になる場合も少なくありません。しかしながら1,000,000円を即金で用意することは難しい場合がありますよね。そういう場合は医療ローンの活用を含めて、慎重に検討することが大切です。