MENU

CLOSE

M字ハゲは治せる?AGAクリニックに相談すべきタイミングとは

M字ハゲは治せる?AGAクリニックに相談すべきタイミングとは

182views

カテゴリ:未分類

M字ハゲの治療に取り組む際に考えるべきこと

img_dummy

M字ハゲは早期発見、早期治療が欠かせない

M字ハゲはAGA、薄毛の症状の中でも、最も日常生活への影響が大きい症状の一つです。何故なら、額が広くなってしまうので、どうしても対峙する人の視界に入るからです。実際にチラチラと頭部を見られて不快な経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

できることなら、薄毛やM字ハゲは早く解消したいですよね。ではこのM字ハゲの治療に取り組む際は、どのようなことを意識すべきなのでしょうか。それは早期発見、早期治療です。何故ならM字ハゲは早く治療をはじめれば、改善できる可能性があるからです。

それは40代よりも30代。30代よりも20代、できるだけ早くAGAクリニックで効果的な治療を開始することが大切です。そうすることで毛母細胞が死滅することを回避できる可能性が高くなるのです。

市販の「外部医薬品」育毛剤の使用は時間の無駄になる可能性が高い

M字ハゲは早期治療が大切だと分かったとしても、ほとんどの人はいきなりAGAクリニックへ通院しません。なぜなら年齢が20代で若ければ経済的に余裕が無い場合多く、どうしても費用を抑えたいが為に自宅での治療に走ってしまうのです。しかし市販の「外部医薬品」育毛剤を使用した治療は時間の無駄になる可能性が高いので注意が必要です。

M字ハゲの治療には育毛剤が要となるわけですが、市販の外部医薬品だとどうしてもその効き目が弱くなります。それに自分に合った育毛剤を自力で見つけるのは簡単ではありません。ところがAGAクリニックで治療を開始すれば、多少費用はかかるかもしれませんがしっかりとした検査を受けることができます。

尚且つ、副作用のリスクを伴うほど高い効果が期待できる「ミノキシジル」が配合された育毛剤、内服薬を使用することができるのです。市販薬の活用で時間を無駄にすれば、その時間の分だけM字ハゲを改善できる可能性は低下してしまいます。その為、M字ハゲの治療をする際は、なるべく早い段階でAGAクリニックに相談することが大切なのです。

AGAクリニックでM字ハゲを治療しよう

img_dummy

ピンポイントへの「注入療法」

ではAGAクリニックに実際に通院した場合、どのような治療方法が選択できるのでしょうか。M字ハゲであれば、「注入療法」」が効果を発揮する可能性があります。注入療法とは、育毛、発毛効果がある成分を頭皮の表面ではなくて、毛母細胞に向けて直接注入する高度な治療です。

皮膚科などの一般的な病院では難しい治療ですが頭髪の専門医がいるAGAクリニックであればほとんどのところで実施できます。内服薬や育毛剤の治療よりも即効性を求める場合、おすすめできる治療法の一つです。

「自毛植毛」は本数が少なければ費用が安く抑えられる

「注入療法」よりも即効性を求める場合は「自毛植毛」を検討しましょう。「自毛植毛」は高額なイメージがあるかもしれませんが、早期発見されたM字ハゲなら、その費用もかなり低く抑えられる可能性が高くなります。費用の目安は、クリニックごとで大きく異なりますが、良心的な費用設定をしているクリニックを選べば20万円代、30万円代で実施することも可能です。

しかしM字ハゲが悪化して、頭頂部まで薄くなった場合は、自毛植毛の金額は100万円を越える場合も珍しくありません。この金額の違いはかなり大きいですよね。費用を抑える為にも、M字ハゲは早期発見すること、そして早期に治療することが大切なのです。

また経済的に余裕が無い場合でも「医療ローン」を組めば、自毛植毛のハードルはぐっと引き下げることができます。治療費が用意できない場合は、こういった支払い方法も可能な場合があります。悩んだ場合、まず無料相談から検討してみてはいかがでしょうか。